インフルエンザなどの風邪に対する乳酸菌サプリメントの効能

腸内細菌が人の免疫機能に大きく影響していることが多くの医学研究から示唆されるようになってきています。腸内環境は人の体にウイルスや細菌などの病原体が入ってきたときに、それを攻撃し排除してくれる免疫担当細胞に大きな影響を及ぼしています、免疫担当細胞にもたくさんの種類があり、それぞれの役割を担っています。これらの免疫担当細胞の活性が良くなれば、外敵が体内に入ってきたときにも有効に排除できるため、風邪やインフルエンザなどの病気にもかかりにくくなるのです。
では、なぜ腸内環境を整えることで免疫担当細胞の活性を上げることができるのでしょうか。その理由を解説します。ますインフルエンザなどの病原体が侵入してきたときに攻撃する免疫細胞の中にナチュラルキラー細胞があります。ナチュラルキラー細胞はウイルスなどの感染した細胞を攻撃し排除する働きを担っています。体内では通常は病原体が入ってきていないかのパトロールの役割も行っており、ほかにマクロファージという伝令役の細胞や、ヘルパーT細胞という免疫機能を統括するような細胞などが体内に存在しています。そしてこれらの細胞の半分以上が腸内に存在しているということがわかってきました。これらの免疫担当細胞は、お互いに連絡を取り合い体内で統制をとりながら免疫機能を担っています。つまり腸内環境が悪くなり腸内にいる免疫担当細胞の機能が悪くなるということは、体内の免疫担当細胞の半分以上の働きが悪くなってしまうということにつながってしまいます。逆に腸内環境が良好であれば、免疫担当細胞もその働きが良くなるとも考えられます。
そこで善玉菌といわれる乳酸菌のサプリメントが効果を発揮します。乳酸菌を摂取することで腸内の善玉菌が増え、腸内環境が整うことでそこにいる免疫細胞の働きも良くなります。すると、体内のほかの場所にいる免疫細胞にも良い影響を与え、総合的に体内の免疫機能が上がるというわけです。これが、乳酸菌サプリメントの効能です。
実際に乳製品メーカーが行った研究でも、乳酸菌を継続的に摂取した人たちにインフルエンザワクチンを接種し、その効果としてインフルエンザウイルスに対する抗体産生について調べたところ、その抗体価は定期的に摂取していた方の人たちの方が摂取していなかった人たちに比べて高くなっていたことが示されました。抗体価が高いということは、そのウイルスに対する攻撃力が高くなっているということです。また別の研究でも、乳酸菌を定期的に摂取していた人たちの方がインフルエンザにかかりにくかったことが示されています。