腸内フローラを改善する効果のあるプロバイオティクスの入った食事とサプリ

人間の腸内には多種多様な細菌が生息しています。その数は数百するい600兆個以上いると言われており、これが小腸から大腸にかけて細菌の種類ごとにグループを形成してまとまっており、腸壁にすんでいます。
この状態を顕微鏡で見てみると植物が群生している花畑のように見えることから腸内フローラといいます。
腸壁にすむ細菌は食事や生活習慣、年齢、人種によって異なってきます。

 

乳酸菌サプリと腸内フローラにはどういった関係性があるのか?
腸内フローラを形成する細菌は大きく分けて三つに分類されます。
体に良い働きをする善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などが挙げられます。善玉菌が多いことで細菌やウイルスの増殖を防いだり、悪玉菌を減らす、腸のぜん動運動を促すなどをしてお腹の調子を整える効果があります。
体に悪い働きをするのが悪玉菌です。ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌のことで、腸内で有害物質を作る働きがあります。悪玉菌が増えてしまうと便秘や下痢などを引き起こします。

 

どちらにも属さない菌を日和見菌といいます。善玉菌が優勢であれば善玉菌の、悪玉菌が多ければ悪玉菌と同調して作用してしまいます。
日和見菌を有効に使うためにも、お腹の調子を整えるためにも善玉菌を増やして腸内環境を整えることが美容や健康につながっていきます。
善玉菌を増やす働きのある腸内フローラのバランスを調整して有益な働きをしてくれる微生物のことをプロバイオティクスといいます。
プロバイオティクスを摂取することによって、腸内環境は整えられます。
このプロバイオティクスの含まれている食事の基本は、ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌などの含んでいる食品を取っていくことが基本となります。

 

乳酸菌サプリと腸内フローラにはどういった関係性があるのか?
ヨーグルトなどの動物性の発酵食品や植物性乳酸菌を多く含んでいる味噌や漬物などを摂取していきます。
また、腸内にいる善玉菌を増やすための食品であるプレバイオティクスを同時にとることもより効率的に腸内環境を整えます。
プレバイオティクスは善玉菌のエサになる食品のことで、オリゴ糖やハチミツ、水溶性食物繊維などがプレバイオティクスとして働きます。
理想としてはこれらの食品を食事によって摂取していくことが良いとされていますが、食生活が乱れがちだったり外食が多い、食生活に不安があるという場合にはサプリメントを取り入れることがオススメです。
乳酸菌が生きて腸に届くサプリメント などが販売されているためそれを取り入れることで、腸内環境を効果的に改善してくことができます。

乳酸菌には動物性と植物性がある その違いはなに?

乳酸菌といえば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に入っているものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実は乳酸菌は乳製品以外の食品にも、多く含まれているものがあります。それらを大きく分類すると「動物性」と「植物性」の2つにすることができるのですが、ヨーグルトなど原材料が動物の乳のものは、動物性になります。この2つの違いはどんな点にあるのでしょうか。

 

乳酸菌サプリと腸内フローラにはどういった関係性があるのか?
動物性の乳酸菌は、動物の乳という栄養価の高い条件下で繁殖することができるのが特徴になります。動物の乳に含まれている乳糖をエサとして育ち、他の菌と共存することが出来ないという特徴があり、限られた条件下でしか育つことができません。他の菌と共存できず単体で生きていくため、乳製品で摂取したとしてもその多くは胃酸の影響を受けて死滅してしまいやすくなり、生きて腸に届くことは出来ないといわれています。しかし死滅してしまいやすいという特徴はありますが、死滅してしまった後であっても腸に届くと腸を刺激して免疫力や腸を整える作用が高いので、摂取しておきたいものとなります。

 

それに対して植物性の特徴は、他の菌と共存することができるという点にあります。キムチやすぐき漬、しば漬といった漬物などに多く生存しており、塩分や酸味の強い、厳しい環境でも生きていくことができます。動物性の物とは違い、もともと悪環境とも言える場所で生きてきた乳酸菌のため、生存できる環境が幅広いのが特徴となります。そのため、食べ物と一緒に摂取した場合であっても、胃酸や胆汁といった強い酸性の液体にさらされても死滅してしまう可能性が低く、生きたまま腸に届くことができます。生きたまま腸に届くことと、そこで栄養分を摂取して私たちの健康に役立ってくれます。その方法は腸内で糖分などを吸収し、乳酸や酢酸といった酸性の物質を分泌するというものになります。乳酸や酢酸は腸の蠕動運動を活発にする働きが期待できます。日本人になじみの深い漬物などに多く含まれていますので、摂取しやすいといえるでしょう。

 

乳酸菌サプリと腸内フローラにはどういった関係性があるのか?
同じ乳酸菌でありながら、それぞれに特徴があり、私たちの身体にもたらす働きには違いがあります。どちらの働きも得たいという場合には、食事の際に漬物などを食べ、食後のデザートとしてヨーグルトなどの乳製品を食べるようにすると良いでしょう。動物性と植物性、どちらも摂取することができますので、免疫力の強化や腸内環境の改善に大きなサポートが期待できます。